バックナンバー

京都の必須情報

下鴨神社へのアクセス

京都の下鴨神社へのアクセス方法

  • トップ /
  • 京都の下鴨神社へのアクセス方法

京都の名所、下鴨神社への行き方

下鴨神社は、京都市左京区の下鴨泉川町にある神社です。他の文化財と共にユネスコの世界遺産に登録された神社でもあるため、毎年多くの観光客がここを訪れます。こちらへのアクセス方法は次の通りです。電車の場合、最寄駅は京阪電鉄の出町柳駅となります。駅前(駅の西)にある橋を渡ってすぐの「下鴨東通」を北上すれば、徒歩10分ほどで神社の表参道入口まで行くことができます。あるいは、京都市営地下鉄でのアクセスは、烏山線の鞍馬口駅が最寄駅となります。駅から北に向かうとすぐ「鞍馬口通」に出ます。これを右折し、この通りを東に向かって1キロほど進むと神社まで行けます。徒歩で30分程度です。バスでのアクセスは、京都市営バスの利用が便利です。「下鴨神社前」バス停で下車すれば、すぐの場所に神社があります。このバス停から神社へ行くには、西参道を通って入るのが最も近道です。ただし、西参道は裏参道とみなされているため、表参道からの参拝を望む場合は、同じ市営バスの「新葵橋」バス停のほうが便利です。いずれの参道にもこだわりがないのであれば、最初に述べた「下鴨神社前」が最も近いバス停となります。京都市営バスの1系統、4系統、205系統のいずれかに乗れば、これらのバス停に行くことができます。なお、神社には駐車場があるため、自家用車での参拝も可能です。名神高速「京都東」インターチェンジで下車し、府道143号を10キロほど西へ進みます。府道32号に当たったらこれを右折し、5キロほど北上すれば到着します。

↑PAGE TOP