バックナンバー

京都の必須情報

下鴨神社の見どころ

京都旅行なら下鴨神社がおすすめ

  • トップ /
  • 京都旅行なら下鴨神社がおすすめ

世界遺産に選ばれた京都の神社

下鴨神社は、京都の数ある神社の中でも歴史が明確にわからないほど古くから続いている神社です。世界遺産にも登録されていて、国内外から多くの観光客や参拝客が訪れています。下鴨神社には、見どころがたくさんあります。玉依姫命を祀る東本殿と、賀茂建角身命を祀る西本殿は国宝です。さらに、2つの本殿をつなぐ祝詞舎を始め、舞殿、細殿、箸殿、大炊殿、楼門その他、多くの建築物が重要文化財に指定されています。本殿前には干支にちなむ7つの社があり、自分の干支に合わせて参拝する方も多いです。建築物だけでなく、参道脇にあり神霊が宿るといわれるさざれ石、春の訪れを知らせる光琳の梅、みたらし団子の発祥といわれる御手洗池など、境内のあちこちに見どころがあります。下鴨神社は、京都の中でも広大な敷地を持つ神社です。鳥居から続く参道に沿って広がるのは、糺の森と呼ばれる約12万㎡の鬱蒼とした樹林です。脇には御手洗川が流れ、秋には見事な紅葉が参道を彩ります。流鏑馬神事に使われる馬場もあります。縁結びの神を祀るとともに、2本の木が途中から1本に結ばれた連理の賢木から縁結びのご利益がある相生社、美人になれるご利益がある河合神社などの摂社や末社もあります。また、下鴨神社と上賀茂神社の例祭であり、京都三大祭のひとつである葵祭も見どころのひとつといえるでしょう。毎年5月15日に行われる平安時代の優雅な行列です。この時期に京都へ旅行される方は、下鴨神社の参拝とともに、ぜひ観覧してみてはいかがでしょうか。

↑PAGE TOP